とびらやの日記

2008年1月からパブリックモードです。

2007-10-24

トラックバック - http://sedori.g.hatena.ne.jp/tobiraya/20071024

2007-09-20

[][]

4152088559今日の早川さん
coco
早川書房 2007-09-07

by G-Tools

出品してないので、売り物ではないんやけど。

はてなグループの日記で描いてはった4コマまんがが単行本になったもの。続編が出たらいいなぁ。

トラックバック - http://sedori.g.hatena.ne.jp/tobiraya/20070920

2007-08-30

[][]

4106102277いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
岡田斗司夫
新潮社 2007-08-16

by G-Tools

正確にはまだ出品していないので、売り物ではない。

論理というか、理屈を突き詰めていって、それを実行してしまう、というところが岡田さんらしい。

でも、裏表紙の著者近影がごっつうさんくさく見えるんですけど。

rahorahorahoraho2007/09/02 23:16僕も読みました
ポテトチップは最初の5枚が美味いんだとかww

poindexterpoindexter2007/09/02 23:39今日、夕飯前にポテチ一袋食べちゃった♪

tankenztankenz2007/09/02 23:59あたしも読みたーい

hamaerohamaero2007/09/09 23:01現在発売中のFLASHにはカラーで五段階の写真が載ってました。

tobirayatobiraya2007/09/09 23:13ポテチ5枚を取り出して残りに水をかける、とか、メガマックの8分の1を切り取って残りを捨てる、とか、本当にやっちゃったんやろなぁ、と思いますよ。
オタク業界以外のいろんなところで、取り上げられているようですね。衝撃的な変化で、しかもいろいろ映像が残っていますもんねぇ。

トラックバック - http://sedori.g.hatena.ne.jp/tobiraya/20070830

2007-08-15

[][] 16:03

4575930326童夢 (アクションコミックス)
大友 克洋
双葉社 1983-08

by G-Tools

売れてしまったので、最後にもう一回、と思って読みました。

この作品で大友克洋の名前を知ったのが、1983年、24年前。初めて読んだときは緻密な書込みに衝撃を受けました。雑誌連載をこんなペースでできるの?と思いました。後に「童夢」は連載ベースの書き直したものと聞きましたが、「AKIRA」は連載してましたもんねぇ。

「子供が超能力者」「子供に戻った老人」というネタはそれほど新鮮とは思わなかったけど、読んだ限りでは最高のマンガです。

トラックバック - http://sedori.g.hatena.ne.jp/tobiraya/20070815

2007-07-20

[][]

4150102309宇宙の戦士
ロバート・A・ハインライン 矢野 徹
早川書房 1979-09

by G-Tools

f:id:tobiraya:20070722232445j:image

「老人と宇宙」を読んだら、こちらも読みたくなって、4回目の読了。初めて買ったときは表紙が違っていて、そっちのほうが好きやなぁ。アメリカで買ったペーパーバックは宝物。

比べるとかわいそうやけど、「老人と宇宙」よりはこちらのほうが、おもしろい。

戦争賛美、暴力肯定とか言われて、アレルギー反応する人もいるみたいやけど、素直に楽しんだらいいのに、というのが正直な感想。

ただ、アマゾンのレビューにあった

私の理解では、ハインラインがこの作品で言いたいことは、「共同体のために自分を犠牲にすることができる人間だけが、共同体の意思決定を行うべきである」ということである。つまり私利私欲のために共同体を利用しない人間だけに、共同体の意思決定を任せろということ。そのためのしくみとして「軍隊」を持ち出したに過ぎない。

という意見には賛成。選挙期間中だからというわけでもないけど、候補者に覚悟の程を聞いてみたい。

トラックバック - http://sedori.g.hatena.ne.jp/tobiraya/20070720

2007-07-08

[][] 22:45

4150116008老人と宇宙
ジョン・スコルジー 内田 昌之
早川書房 2007-02

by G-Tools

一気に読んでしまった。久しぶりにSFを読んだ、という実感。

いろいろなアイデアがすばらしい。

主人公の能天気さ(ポジティブ?)と結構ご都合主義的なストーリーがハインラインぽくて、気に入った。

翻訳で2箇所、?なところが。

「光年」が時間の単位のようにもとれるところと、「メートルトン」という重量の単位が。

自分より年下の作家、というのが、ちょっとショック。

トラックバック - http://sedori.g.hatena.ne.jp/tobiraya/20070708

2006-12-13

[][]

これから出品します。

4062749017ほぼ日刊イトイ新聞の本
糸井 重里
講談社 2004-10

by G-Tools

ちょっと前の本なのに、知らずに衝動買いしてしまった。最安値も150円ぐらいやのに…

でも、読んでかなり刺激を受けました。興味の持ち方というか、何かにハマっていく道筋がぼくも似ているかもしれない。

インスパイアされて、ちょっと新しいことをスタートさせることにしました。せどりとは全然関係ないけど。

トラックバック - http://sedori.g.hatena.ne.jp/tobiraya/20061213